治療を受ける前に(お読みください)

治療を受ける前に(お読みください)

  • 治療を受ける5~10分前に来院されて、身体を休めておいて下さい。
  • 治療1時間前の食事は、できるだけさけて下さい。
  • 食後では普段の身体の状態が診れません。
  • 食後であれば、その旨をお伝え下さい。

治療に際して

  • 鍼灸治療は全身が対象です。ネックレス・ブレスレット・指輪・イヤリング・メガネなどは治療の際に外していただくことがあります。
  • ご自身で浴衣やパジャマなど用意されて、着替えられても結構です。(※当院で着替えのご用意はありません。)
  • 顔の色も診断の対象となります。お化粧はできるだけ控えてください。
  • も診断の対象になりますので、マニキュアやペディキュアもご遠慮下さい。
  • 治療の順序は、手首の脈→舌や顔色→腹部→手足の順で診察してから治療に入ります。治療中は気持ちをゆったりとして下さい。
  • 現在服用している薬、あるいは使用中の健康器具がありましたら、あらかじめお知らせ下さい。

当院設備と施術道具について

  • 当院ではディスポーザブル(使い捨て)鍼、および完全に滅菌処理をほどこした鍼です。当院では衛生管理を徹底しております。
  • また、シーツや枕カバーも患者さん一人ひとりで使い捨てております。

治療後はなるべくお休みください。

  • 特に、初めての治療の後には、今までにない体の状態を経験することがあります。
  • たとえば、「眠くなる」「だるくなる」あるいは症状が一時的に強く出るなどです。
  • 鍼灸の治療は気を動かすので、これらの違和感は身体の気やバランスが調整されて行く過程で起こる正しい反応です。
  • 2度、3度と治療の回数を重ねるにしたがって軽くなって行きますが、仮にがまんできない症状が現われた時には、電話などでおたずね下さい。
  • 鍼灸の治療で動かされた気血が静まるのを待つため、治療を受けた日は、静かにお過ごし下さい。
  • 特に治療後の重労働、アルコール、風呂(シャワーは可)、徹夜、セックスなどは、治療の効果を帳消しにしてしまいます。
  • 身体のひずみは患者さんご自身の日常生活の中の習慣で積み重なってきます。

日常生活でのアドバイスもいたします

  • 鍼灸の治療を受けることで調整できることはもちろんですが、身体に負担の少ない生活の仕方をすることで、より健康を保てることは言うまでもありません。
  • 鍼灸の治療を機会に、冷たいものを控える、体を冷やさない、就寝時間を早くするなど、身体にやさしい生活を心がけることをおすすめします。
  • 当院では鍼灸治療のほかに、日常生活での養生の指導も行います。